まつ毛エクステのアイデザイナーやマツエクサロン経営者必読!?blog

現役のアイデザイナーが、まつ毛エクステ業界やアイデザイナーの技術、商材、仕事に役立つ情報やおすすめグッズなどについて書いています。マツエクに全く興味がない人にも役立つ情報を書いていきますので覗いていってください。

なぜマスクの鼻筋部分の隙間からのウイルス侵入、ウイルス放出を意識する人がいないのか?

コロナウイルス感染予防のために不織布マスクを着けたり、二重マスクにしている人はよく見かけるのですが、マスクを着けてはいるけれど、例えば、ワイヤーがせっかく入っているマスクなのに、ワイヤーを折り曲げて鼻筋にフィットさせず、ワイヤーが入ったそのままの状態でマスクを着けている人が多いのがすごく気になります。             

            コロナウイルス飛沫核感染

マスクが鼻筋にフィットしていないと、自身の呼気はかなり外に漏れますし、例えウイルスを高い確率で防げるマスクを着けていたとしても、外からの空気がダイレクトにどんどんマスクの中に侵入してくると思うのですが、なぜかその事を意識している人に出会った事がありませんし、メディア等でもその事に触れている様子がありません。

 

専門的な事はわかりかねますが、空気中に漂う細かい飛沫核がマスクの鼻筋部分の隙間から出入りしている事によって、ウイルスが感染したり、人に感染させたりしている事が実は多いのではと個人的には思っています。

 

鼻の部分ががら空きの透明マウスシールドをして近距離で話をする方もいらっしゃいますが、空気中に飛沫核を浮遊させまくっているのでは?と思い、不安な気持ちになります。

 

筆者は職業がまつ毛エクステのアイデザイナーで、お客様の施術をする時はお客様に仰向けに寝ていただくのですが、そうするとお客様のマスクの鼻筋部分がちょうど施術者の真正面になります。

 

マスクを着けていただいていても、鼻筋にマスクがフィットしていないと、お客様の吐いた息が施術者に直撃するのと、施術者側はマスクの隙間が空かないようにしていますが、万が一漏れた呼気がお客様のマスクの隙間からダイレクトに侵入する事がないように、必ずお客様のマスクの隙間はサージカルテープで留めて施術しています。

 

「ワイヤーなしの立体マスクで鼻の部分もぴったりフィットするマスクをしてるから大丈夫」「ワイヤーありのマスクは、ワイヤーを折り曲げてしっかり鼻筋にフィットさせている」という方もいらっしゃるかもしれませんが、まつ毛エクステの施術前にマスクの息漏れチェックをすると、立体マスクでも残念ながら鼻筋部分に隙間が空いている商品がほどんどで、かなり息漏れしていますし、マスクのワイヤーを鼻筋にフィットさせている人でも隙間が空いているので、呼気漏れしている事がほとんど(ほぼ100%)です。

(特に、マスクのサイズが全く合っていなくてブカブカの人は呼気が大量に漏れています)

 

まつ毛エクステは湿度の高い環境や水(蒸気)に弱く、エクステを接着している接着剤が劣化して取れやすくなるので、できればノーズパッド付マスクかノーズパッドをマスクに付けて装着してくださいとお客様にはお伝えしているのですが、次回ご来店時にノーズパッド付のマスクでご来店される方は残念ながらごくわずかです。

 

このブログを読んでいただいている中にまつ毛エクステのアイデザイナーがいらっしゃれば、コロナの感染予防のためと、エクステを取れにくくするための方法として、ノーズパッド付のマスクもしくはノーズパッド単体をお客様の間に普及させてほしいなと思います。

 

ノーズパッド単体なら、1回で使い捨てでなく、以下の商品のように繰り返し使用できるものもありますので、同業者の方はぜひお客様にすすめてみてください。 

 まつ毛エクステに全く興味がない方も、コロナに感染しない、人に感染させないために、マスクの隙間をできるだけ空けない事を意識してみませんか? 

 

↓押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村

  にほんブログ村 美容ブログ まつげエクステへ
にほんブログ村


まつげエクステランキング